HOME >> トラブル >> 海外の旅先で悪質なタクシーに備える。

海外の旅先で悪質なタクシーに備える。


最近は日本国内でもタクシーの数が増えて、必ずしも安心できないと言われていますが、それでも海外に比べれば、まだまだ状況は良心的と言えるでしょう。

海外旅行の際には、国や都市によってその悪質さに多少の差がありますが、タクシーに乗るときに慣れないそぶりを見せる旅行者は、どうしても「カモ」になりがちです。

カモられぬよう、乗る前・乗るとき・そして降りる段階での料金支払い時に、それぞれ以下のような点について、気をつけるべきでしょう。


まず基本的なところですが、目的地までのおおよその目安となる料金を、ホテルやインフォメーションセンターで確認しておきます。

そして乗るときは、いわゆる白タクを避けて、必ず正規のタクシーを利用するようにします。

ホテルから乗る場合は、ホテルの手配する車を使うようにしましょう。

100%大丈夫とまでは言いませんが、安全度が相当に高まりますし、後でホテルにある程度の文句を言うこともできます。

空港などでは、わざわざ声をかけてきてタクシー乗り場まで誘導するような白タクもあるので、注意しましょう。

スポンサーリンク

行き先は、言葉が通じる通じないにかかわらず、紙に書いておき、料金も、運転手から聞いて納得したその額を、同じ紙に書いておくほうがよいでしょう。

ここまでしても、悪質な運転手は、やれ道が混んでいて回り道をしただのと、なんのかんのいって、上乗せ料金を請求してくる場合があります。

その時は、その行き先と金額を最初に書いた紙を見せて、怒りのジェスチャーを交えながら、強く抗議するべきです。

現地の言葉を交えてある程度の交渉ができれば良いですが、わからなければ、日本語オンリーでOK、紙を指しながら、大声で強く言うのもよいでしょう。

トランクにいれるほどの大きさの荷物を持っていないような場合は、所定の金額だけ渡してスタスタと歩き出してしまうのも手です。

ただし、トランクに荷物を入れてあって、人質(物質?)に取られている場合には、この手は使えませんが。

あと基本的にタクシーの運転手は一人ですので、こちらは複数名でいるだけで、金額交渉の時に心理的優位に立ってます。

二人で交互に、日本語で文句をまくしたてると、それなりに効果があるものなので、タクシーは二人以上で利用することを基本スタンスにしておくのもいいでしょう。


そして次は、メーターです。

運転手がちゃんとメーターを倒したかどうか、スタート時にはちゃんと確認するようにしましょう。

悪質な場合は、メーターそのものが早く回るよう、あらかじめ細工をしているケースもあるようです。

車の細工自体が疑われる場合は、車を止めさせてその場で降りるか、車を降りる段階で、「料金がおかしいので、警察へ通報する、この車のナンバーは控えた」という趣旨のことを言って、相場水準までの減額交渉をするべきです。

ただし、しめきった車内で過度に抵抗するのは危険な場合が考えられますので、ドアを半開きにしてから交渉に入ったり、相手を必要以上に刺激したりしないように観察しながら行う、冷静さを持ちたいものです。

もし自分の戻るホテルに戻る場合であったら、場合によってはホテルのドアマンを呼んで、手助けしてもらうのも一法です。

また言うまでもありませんが、夜遅くに女性が一人でタクシーで外出するなどの行為は、犯罪に遭遇するリスクを自ら高めるばかりですので、よほどの非常時でもない限り、絶対に避けるようにしたいものです。


ここまで気をつけていたとしても、タクシーの利用回数が多い場合などは、悪質タクシーに遭遇する確率は、どうしても高まってしまいます。


上記でいろいろ方策を書きましたが、まずは身の安全を守るのが第一ですので、運転手が暴力的であったり近くに仲間を配している気配を感じた場合などは、言われた料金を支払って言うことを聞かざるを得ない場合も、残念ながらあるかもしれません。

わずかばかりのお金のために身を危険にさらすことは、まったく割りにあわないことです。


法外なお金を要求されてカッとなる気持ちはわかりますが、そういうときこそ冷静に周りも見渡して、全体の状況を判断したうえで対処するようにしたいものです。

海外旅行先でイヤな思い出を作らないために、また余計な出費をさける意味でも、タクシー利用極力控えめにして、バスや地下鉄などの公共機関をうまく使いこなすようにしたいものですね。


スポンサーリンク


«一つ前のエントリーへ | 次のエントリーへ »


▲先頭に戻る


【トラブルカテゴリーの関連記事】

  • 海外旅行、出発当日に遅刻したときは。
  • 海外旅行、ツアーで注意すべきポイント。
  • 見落としがちなパスポート管理のポイント。
  • 海外旅行、機内で席を変わりたい時は。
  • 海外のホテルで「予約が入っていない」!
  • 海外の旅先で悪質なタクシーに備える。
  • 海外旅行、街中で「強盗」に遭遇したら。
  • リコンファームが必要な場合、忘れた場合。
  • 日本に持ち込めないおみやげ品はコレ。
  • 無事に帰国も深夜到着、終電がない!

  • すべての記事(記事一覧)こちらから

      


    ▲先頭に戻る