HOME >> トラブル >> 海外のホテルで「予約が入っていない」!

海外のホテルで「予約が入っていない」!


海外旅行パッケージツアーの場合はさほど心配する必要はないでしょうが、旅行代理店を通してホテルだけ手配してもらったり、あるいは自分でインターネット経由でホテルの予約を取ったような場合は、着いてみるとまれに、ホテルの予約が入っていないときがあります。

飛行機で長時間を過ごし、まずは部屋でゆっくり休んで…と思っていた矢先に、とったはずの予約が入っていないことをレセプションで告げられると、一気に血の気が引くものです。


海外旅行専門の旅行代理店を経由して予約した場合などは、あなたを含む宿泊予約者のリストがホテルに渡るのは、宿泊予定日のほんの数日前となることが多いので、なにかしらの手違いが起きる可能性も十分にあり得ることです。


こういった事態に備え、予約確認書(confirmation)は、面倒くさがらずに必ず印刷して持参する必要があります。

仮にホテルの予約自体に問題がなくとも、部屋のタイプや料金、食事などの条件が予約の時と違う、といったトラブルの発生もないとはいえません。そういったときにも、このペーパーが役に立ちます。

スポンサーリンク

旅行代理店を通して予約をしていた場合は、予約をしたときに発行される予約確認書(confirmation)を、また自分でネットを通じて予約した場合には、「予約完了のお知らせメール」をプリントアウトして、必ず持参するようにしましょう。

予約確認を記したペーパーがある場合は、それを見せることで、まず大丈夫でしょう。


また別の手段として、旅行代理店を通じて予約した場合には、予約確認書(confirmation)に書いてある現地の旅行代理店の連絡先や、手配会社に連絡する手もあります。

あなたの代わりにそのホテルに交渉してくれたり、あるいは他の同クラス以上のホテルに振り替えてくれるなどの、適切な処置をとってくれるはずです。


しかし、個人でネット予約をしていた場合で、予約確認書(confirmation)を持参していない場合は、残念ながらそのホテルへの宿泊が難しいケースも、やはりあるようです。

ですが簡単にはあきらめずに、まずはホテル側に対して、本当に予約が入っていないのかについての、再度の確認を求めるようにしましょう。

パスポートのコピーなどを見せて、確かに予約しているという周辺の状況(予約した日、予約したサイト名など)をおぼえている限りで説明し、強い<態度で交渉してみてください。


姓(Last Name)と名(First Name)の入力を、ホテル側で逆に行っていたために単純に予約の確認がもれていた、などというケースもあるなど、現実には、ホテル側の予約の管理ミスである場合も、全然珍しいことではありませんので。


また、結局そのホテルに宿泊がかなわず、代替ホテルとなった場合など、日本における予約時にクレジットカードを使ってすでにチャージされている場合には、金額的に妥当な引落しか、または多重引落しなどのトラブルが起きていないかについて、のちのカード代金支払が完全に終了するまでは注意しておく必要があります。


海外旅行から帰国後にクレジットカード会社から請求書がきた場合に、前後の事情説明が必要になることもありますので、その時の経過についてはメモなどに記録を残しておくとよいでしょう。


スポンサーリンク


«一つ前のエントリーへ | 次のエントリーへ »


▲先頭に戻る


【トラブルカテゴリーの関連記事】

  • 海外旅行、出発当日に遅刻したときは。
  • 海外旅行、ツアーで注意すべきポイント。
  • 見落としがちなパスポート管理のポイント。
  • 海外旅行、機内で席を変わりたい時は。
  • 海外のホテルで「予約が入っていない」!
  • 海外の旅先で悪質なタクシーに備える。
  • 海外旅行、街中で「強盗」に遭遇したら。
  • リコンファームが必要な場合、忘れた場合。
  • 日本に持ち込めないおみやげ品はコレ。
  • 無事に帰国も深夜到着、終電がない!

  • すべての記事(記事一覧)こちらから

      


    ▲先頭に戻る